韓国ドラマ

【パクボゴム主演】韓国ドラマ『ボーイフレンド』第4 話のあらすじとネタバレ

パクボゴム 韓国ドラマ ボーイフレンド あらすじ

 

韓国ドラマ「ボーイフレンド」第4話のあらすじを紹介します。

韓国:2018年12月7日放送分

 

第4話は胸キュン必須の回に!

 

では、早速いきましょう。

 

韓国ドラマ「ボーイフレンド」第4話あらすじ※ネタバレ注意!

あなたを一人にさせはしない

 

前回のラストシーンで、

 

「あなたに会いたくてきました」

と告白したジニョク。

 

チャスヒョンは、

「誰かが私に会いたいといってくれるのは

心地いい言葉です。

でも、とても危険なことだから

聞かなかったことにする」と答えた。

 

しかし、ジニョクは臆することなく自分の考えを伝えた。

 

「地球はとても大きくて、広い。

多くの国があって、

その中の一つの国、都市で出会ったこと

一日を一緒に過ごしたこと

 

そして帰国して、

会社の上司と部下としてまた再会したこと。

面白い日常を短くても一緒に過ごしたこと。

とても大きな縁です。」

 

そう話すジニョクに対し、

スヒョンは言葉を失い、思った。

 

こんなことを言う人間が、今まで回りにいたことがあるだろうか・・・。

 

見えたスヒョンの心

 

食事を終えた2人。

浜辺に座りコーヒーを楽しむ。

 

徹夜で車を走らせてきたジニョクは、

眠気に襲われスヒョンにもたれかかれ眠ってしまう。

 

 

View this post on Instagram

 

Support Parkbogum & SongSongさん(@boyfriendkdrama)がシェアした投稿

スヒョンは驚くが、

そのままジニョクに肩を貸したまま、

そして独り言のようにこうつぶやいた。

 

「幼い時、友達がいなかった。

親しくなると遠ざからなければならなかった。

・・・だから忘れた。

一日を一緒にして楽しくても、

その後、再び遠ざかるのは苦しいから。」

 

途中で目が覚めていたジニョクは、

スヒョンの独り言を聞いていた。

 

今まで本音を出さなかったスヒョンの

少し心を知れたようで、うれしさを感じていた。

 

そして、目を開いたジニョクは、

肩にもたれかかり眠ったことを謝った。

 

ソクチョに来ていたウソク

 

ソクチョにまでやってきていた元夫のウソク(チャ・スンジョ)。

 

スヒョンが宿泊しているホテルにプレゼントを預け、

その場から去ろうとしていた。

 

駐車場で車に乗り込むと、

スヒョンと若い男が車で戻ってきたところを目撃し戸惑っていた。

 

複雑な心境になりながらも、

スヒョンが絵の買収交渉に難航している画家のファベクに会いにその足で向かった。

 

ウソクは、ファべクに

スヒョンが絵の大ファンだという事実を知らせ、

 

ファベクは、

スポンサーであるウソクの母親の反対があるにも関わらず、

 

スヒョンへファンサービスといって無料で絵を渡した。

 

「自分の絵のファンだったなんて知らなかった」と言うと、

 

スヒョンは、元夫ウソクが関係していることに気付き、

その絵を受け取らなかった。

 

家路についたジニョク

 

スヒョンをホテルに送ったジニョク。

 

笑顔で帰っていき、テチャンに車を返し、

テチャンの部屋でそのまま眠ってしまった。

 

そこにヘイン(チョンソニ)が訪ねてきて、

ジニョクはどこに行っていたのかと聞くと、

 

誰に会っていたのか知らないテチャンは

「女の子にでも会いに行ってたんじゃないの?」

とジョークのように言う。

 

それに対してヘインは顔を曇らせていた。

 

翌日、出社したジニョク。

 

広報部の先輩であるパク代理が

「明日、チャスヒョン代表の誕生日で・・・・」

と話しているのを耳にした。

 

パク代理が、なぜスヒョンの誕生日を知っているのか

気になったジニョクは、パク代理に訪ねてみた。

 

「俺と同じ誕生日だから覚えてる」と言い、

 

「お、俺にプレゼント、用意するなよ~

あ、最近肌が乾燥するからなぁ、

男性用化粧品は必要だな~」

といってその場を去っていった。

 

パク代理の誕生日プレゼントを買うために、

デパートの化粧品売り場を訪れたジニョク。

 

その後、

女性用化粧品売り場でふと足を止めていた。

 

口紅を手に取ってささやかなプレゼントを

スヒョンのために買った。

 

 

一方、キム会長はすでに、

ソクチョのホテルでスヒョンとジニョクが一緒にいたことを知っていた。

 

そしてどんどん次の手を打っていく。

 

 

大統領を目指すスヒョンの父への支援を餌に

スヒョンの母を完全に取り込もうとする。

 

そしてスヒョンを追い詰めるために、

ジニョクとの関係をゴシップに仕立て上げる計画をして、

 

社内掲示板でウワサを流すよう命令していた。

 

最初のターゲットは、

ジニョクと親しそうなドンファンホテルのスタッフ・チョヘイン。

 

人を送って、スヒョンとジニョクのゴシップを

社内掲示板に載せるように依頼するが、

 

ヘインはジニョクは幼いころからの友達だと言い、拒否する。

 

しかし、このことがきっかけで

ヘインはジニョクとスヒョン代表の関係に疑念を抱き始める。

 

スヒョンは、

秘書のチャン・ミジン(クァク・ソニョン)を通じて、

元夫のウソクが置いていった服のプレゼントを返すが、

 

「ジニョクとは距離を置いた方がいい。

今はおとなしくしておいた方が…」

という忠告もされ、ジニョクとの距離を置こうと考えていた。

 

事故を起こしてしまう

 

帰宅中のスヒョンは、

バスを待っているジニョクを見て気をとられ、

 

運転中に事故を起こしてしまう。

 

近くにいたジニョクはすぐに気づき、

事故相手に「修理費はきちんと負担する」とその場をおさめた。

 

 

View this post on Instagram

 

was (@boyfriendkdrama) 💕🎬さん(@boyfriend.eng)がシェアした投稿

その後、

「僕が送ります。」

というジニョクに対し、

 

「大丈夫。大丈夫って言ってるでしょう!

何も知らないのに口出ししないでください!」

とカッとなるが、

 

「今日は、僕の言う通りにしてください」

とジニョクはスヒョンの腕をつかんで、

運転席に座りスヒョンの家に向かった。

 

スヒョンの家の近くに車を停めると、

ちょうど夜中の12時になった瞬間に

スヒョンに用意していたプレゼントを差し出した。

 

スヒョンの誕生日

 

「お誕生日おめでとうございます」というジニョク。

 

「これ以上、

キム・ジニョクさんと関わりたくない。

慣れないことで負担になる」

といってスヒョンは断った。

 

差し出したプレゼントを引っ込め、

車を降りていくジニョク。

 

立ち去る姿をサイドミラーごしに見ていたスヒョンは、

 

いても立ってもいられず、

車のクラクションを鳴らし、窓から手を出した。

 

 

View this post on Instagram

 

was (@boyfriendkdrama) 💕🎬さん(@boyfriend.eng)がシェアした投稿

それに気付いたジニョクは、

明るく笑って駆け寄り、

スヒョンのために買った口紅を渡した。

 

スヒョンは帰宅すると、

すぐに秘書のチョン・ミジンが訪ねてきた。

 

「お父さんの選挙を助けるためにも、

ジニョクさんと会うのはやめなさい。」

 

そう忠告すると、さらに

 

「ウソクさんのプレゼントを返したように、

私がそれを返してきてあげる。」

と迫られるが、

 

スヒョンは口紅を渡さなかった。

 

 

View this post on Instagram

 

was (@boyfriendkdrama) 💕🎬さん(@boyfriend.eng)がシェアした投稿

スヒョンのことが心配な秘書のミジンは、

ジニョクに会いにいき、こう言った。

 

「チャ代表とこれ以上関わらないで。

キム・ジニョクさんには、

ただの事故だけどチャ代表は違う。

小さな接触事故も記事になる」

 

昨日の事故の当事者が、

「昨日の事故の相手がドンファホテルのチャ・スヒョン代表だった。可愛い。男の秘書が整理していった」

という文をSNSに載せているのを見せた。

 

ジニョクさんには大したことではなくても、

代表には小さい傷1つにも揺れる人だ。

オーバーにならざるをえない私を理解してほしい」

と厳しく忠告し席を立った。

 

 

View this post on Instagram

 

was (@boyfriendkdrama) 💕🎬さん(@boyfriend.eng)がシェアした投稿

ジニョクは追いかけ、

 

「他の世界の方と会えて、面白がってるのではない。

毎日毎日、驚いてるだけだ。

いたずらのような好奇心ではない。

 

人が人の心を受け入れるというのは、

たとえ少しの間であっても意味があることだ」

 

と答えた。

 

社内ではゴシップで大騒ぎに

 

そして、会社では社内掲示板が大騒ぎになっていた。

 

「代表と問題になっている男は、協力会社の職員で、チャ代表から会おうという要求を拒否できない職員の苦しみを考えてみてほしい

名誉と権力に弱い職員を利用するのは間違っている、尊敬される女性CEOに戻るべきときだ」

 

というチャスヒョンへの書き込みがされていた。

 

この噂に胸を痛めているジニョク。

 

 

View this post on Instagram

 

was (@boyfriendkdrama) 💕🎬さん(@boyfriend.eng)がシェアした投稿

 

ジニョクは、

スヒョンのことが心配で仕事も手に付かず、

退社時刻になり帰宅しようとロビーへ降りると、

スヒョンが責められているところに遭遇する。

 

公衆の面前でスヒョンが掲示板の件で責め立てられていたのです。

 

スヒョンが避けようとすると、

 

スヒョンを代表の座から引きずり下ろすため、

 

童話ホテルの理事は、多くの社員の前で

 

「皆こうして代表の説明を待ってるんです。

明確に説明してください」と問う。

 

「釈明するようなことはないです」

と答えたスヒョン。

 

理事は

「その男性は本当に協力会社の社員なのですか?

書き込みにあったようにホストバーの男ですか?

いそれとも従兄弟かな」

 

「知らんふりするのは望ましい行動じゃないですよ。

企業イメージの損失はとても深刻です」

 

その場にいた大勢の社員たちは、息を潜めてみている中、

 

「チャスヒョン代表!」

と一人の男性が声をあげた。

 

それはジニョクだった。

 

 

View this post on Instagram

 

was (@boyfriendkdrama) 💕🎬さん(@boyfriend.eng)がシェアした投稿

周囲が静まり返り、

ジニョクは視線を浴びながらもスヒョンの前に歩み出ていく。

 

 

「僕、お金持ってますよ!

今日は僕がご馳走するので、

僕とラーメン食べにいきませんか?

 

サービスエリアは車がいっぱいだから、

今日はコンビニでカップラーメンを食べましょう」

 

この言葉に目を見開いて驚くスヒョン。

 

目の前にいるジニョクの笑顔を見て、

思わずスヒョンにも笑みがこぼれた。

 

キムジニョクは、

自分がスキャンダル相手であることを周囲へ明らかにし、

 

スヒョンの前に堂々と立っていた。

 

あの日、キューバでスヒョンの目の前に現れた青年と同じ姿で。

 

 

View this post on Instagram

 

was (@boyfriendkdrama) 💕🎬さん(@boyfriend.eng)がシェアした投稿

(ジニョクの声ナレーション)

「僕は選択しました。

あなたが一人で立っているその世界に立つことに決めました。

 

僕のこの感情が何なのかは聞かないでください。

まだ僕もよく分かりません。

 

今の僕は、あなたを孤独にさせないということ。

それだけです。」

 

第4話終わり・・・。

 

ボーイフレンド第4話の一言感想

 

もう・・・・涙が出てくるラストシーン。

 

めっっっっちゃ男らしい!!

最高!!

 

そして、さわやかさ大爆発。

 

あー・・・・はい。

 

最後のシーンがヤバすぎるけど、

本当にキュンキュンするドラマ。

 

ボゴミファンに限らずキュン死じゃないでしょうか?!!

 

本当になんか癒されるドラマですね。

 

言葉1つ1つも音楽も美しい。

 

それにしても、

4話で一気に男らしさがドーンと出てきて、

 

ずきゅーんっとやられましたね。

 

第5話が楽しみでございます♪

【パクボゴム出演】韓国ドラマを無料で一気に見るなら?

 

  • 雲が描いた月明かり(独占見放題)
  • 恋のスケッチ 応答せよ1988
  • 君を憶えてる
  • のだめカンタービレ

などヒット作多数!

ボゴムさん出演ドラマのほとんどが配信されているのはU-NEXT!

 

見放題作品は80,000本!

韓国ドラマは約500本!

新作ドラマ・独占配信も続々登場!

 

31日間無料で視聴が可能なので、

まずはお試し必須ですよ~!